超簡単ホームページ作成TOP >>超簡単バッチファイル >>バッチファイルを使ってフォルダーをコピーする
Tweet
超簡単バッチファイル 超簡単バッチファイル
バッチファイルとは
フォルダーを作る
ファイルのコピー
フォルダーのコピー
ファイル・フォルダーの移動
ファイル・フォルダーの名称を変更
ファイル・フォルダーの削除と作成
便利なバッチファイルの使い方
    

ホームページ作成に役立つバッチファイル・・・xcopy

 
今まで解説してきたのは全てファイルだけのコピーです。
コピーしたいフォルダーにサブフォルダーが入っていても、ファイルだけしかコピーできません。
ここではサブフォルダーも含めて、ファイルをコピーする方法を解説します。

バッチファイルを使って、サブフォルダーごとファイルをコピーする方法


サブフォルダーごとファイルをコピーするには『xcopy』を使います。
バッチファイルを使って、サブフォルダーごとファイルをコピーする
REM サブフォルダーを含めてファイルをコピーする
pause
pause
cd c:\aaa
xcopy c:\aaa c:\bbb\ /e /y
pause
『xcopy』コマンドは少し書き方が変わります。
  • まず『xcopy』と書き、
  • 半角スペースを開けてコピーしたいフォルダー、
  • 更に半角スペーとを空けてコピー先のフォルダーを指定します。
    コピー先がフォルダーであることを明示するため、『bbb\』のように、フォルダー名の後に『\』を記入します。
  • 更に半角スペースを開けコピーの条件を記入します。
  • 『/y』は『確認のメッセージを表示せずに上書きする』ことを表し
    『/e』は『サブディレクトリーが空でもコピーする』ことを表しています。
この命令文を.batの拡張子で保存し、それをダブルクリックしてやれば、『aaaフォルダー』の中のファイルとサブフォルダーのの全てが、『bbbフォルダー』 にコピーされます。
注意が必要なのは『xcopy c:\aaa』と書いていますが、aaaフォルダーそのものをコピーするのではないということです。
この指示ではaaaフォルダーに入っているファイルとサブフォルダーがコピーの対象です。

xcopyの条件を替えてやるとホームページ作成に役たつものができます。
サブフォルダーのフォルダーの構造をコピーする
『/t』を付けると、フォルダーの構造だけがコピーされます。
中味のない、構造を再現した空フォルダーのコピーが簡単に短時間で作れます。
REM サブフォルダーを含めてファイルをコピーする
pause
pause
cd c:\aaa
xcopy c:\aaa c:\bbb\ /e /y /t
pause
『/t』はフォルダーの構成だけをコピーし中味はコピーしないことを表しています。
こんな物なんになるのかと思うかもわかりませんが、例えばaaaフォルダーに100個のサブフォルダーがあり、各々に更に50個のサブフォルダーがあり、 その中にhtmファイルとかjpgファイルが入っていたとします。
これらのファイルを全て削除するのは大変な作業になります。
でもこのコマンドが使えれば大丈夫。一発で構造を再現した空のフォルダーがbbbフォルダーにできていますから、 aaaの中のサブフォルダーを全て削除し、bbbに出来た空フォルダーを移動すればいいのです。

コピーするファイルの日付を指定することもできます。
指定した日付以降に変更したファイルだけをコピーする
『/d:08-20-2011』のように指定すると、2011年の8月20日以降に変更したファイルだけがコピーされます。
REM 2011年8月20日以降のファイルのみコピー
pause
pause
cd c:\aaa
xcopy c:\aaa c:\bbb\ /e /y /d:08-20-2011
pause
『/d:08-20-2011』の書き方はWindowsのバージョンにより異なります。
XPでは『/d:月-日-年』ですが、バージョンにより『/d:年-月-日』だったり、『/d:日-月-年』だったりしますので、 うまく行かなかったら変更してください。
/d だけで後ろに日付を入れなければ、新しいファイルだけがコピーされます

特定のファイル、フォルダーを除外してコピーする
『/exclude:ファイル名』を付けると、特定のファイルを除外してコピーすることができます。
ただしこれはどの解説書を見ても非常にわかりづらい書き方しかしてありません。
例えばjpgファイルを除外したい時に、/exclude:.jpgと書いてもうまくいきもせん。

まず除外したいファイル名を書いたリストを用意し適当な名前をつけて保存します。
画像ファイルはコピーしたくないので.jpgファイルを除外したいときはエディターに
.jpg
とだけ書きこれを名前をつけて保存します。複数あるときは改行してファイル名とかフォルダー名を記入していきます。

例えばcドライブにbatchというフォルダー作りそこにjogai.htmという名前で保存したとします。
これで準備は完了です。
次に/exclude:以降にこのファイル名(jogai.htm)を指定します。
REM .jpgファイルを除外してファイルをコピーする
pause
pause
cd c:\aaa
xcopy c:\aaa c:\bbb\ /e /y /EXCLUDE:C:\batch\jogai.htm
pause
これで.jpgを除いたファイルがサブフォルダーを含めコピーされます。
ただしもうひとつ注意が必要です。
除外リストに指定したものは単なる文字としてしか認識しません。
例1
除外したいリストに.jpgと指定した時に拡張子jpgを除外と考えがちですがそうではありません。 単なる文字とししか認識していませんので、ファイル名に.jpgという文字が含まれていればhtmファイルでも 除外されてしまいます。
例2
imgというサブフォルダーがありその中に.jpgファイルが入っていた時に、除外したいリストにimg と記入しておけばimgフォルダーは除外してコピーしますが、もしaimga.htmなんてファイルが有ればこれも除外されてしまいます。
例3
頭にmがついたjpgファイルをすべてのつもりでm*.jpgと書いても期待通りにはなりません。 *はアスタリスクという文字としてしか認識しません。
上へ   
バッチファイルとは
  • コマンドプロンプト(DOS)でできること
  • コマンドプロンプトを使うと便利な例
  • コマンドプロンプトの命令を実行する
  • バッチファイルの注意点
  • バッチファイルにコメントを書く
  • コマンドプロンプトを途中で止める
  • コマンドプロンプトの画面を見やすく
  • バッチファイルの書き方
    バッチファイルを使ってフォルダーを作る
  • フォルダーを作る基本
  • 大量の連番フォルダーを作る
  • ファイル名をフォルダー名に
  • 今日の日付をフォルダー名に
  • treeコマンドを使う
    バッチファイルを使ってファイルをコピーする
  • ファイルをコピーする基本
  • ファイルを合成してコピー
  • ファイル名を変更してコピー
  • ファイルの合成方法
  • 自動的に連続コピー
    バッチファイルを使ってフォルダーをコピーする
  • サブフォルダーごとファイルをコピー
  • フォルダーの構造だけをコピー
  • 指定日付以降の変更ファイルコピー
    バッチファイルを使ってファイル・フォルダーを移動する
  • ファイルを移動
  • ファイル名を変更して移動
  • フォルダーを移動
  • moveコマンド、よくある間違い
    バッチファイルを使ってファイルやフォルダーの名称を変更する
  • ファイル・フォルダーの名称変更
  • エクセルやテキストエディターを利用して簡単にバッチファイルを作る方法
  • ファイルやフォルダーを今日の日付に
    バッチファイルを使ったファイルやフォルダーの削除と作成
  • 新しいフォルダーを作る
  • ファイルを削除する
  • サブフォルダーの中のファイルも削除
  • フォルダーを削除
    便利なバッチファイルの使い方
  • 二つのファイルの違いをチェック
  • バッチファイルを使った自動処理
  • バッチファイルの中で、他のバッチファイルを呼び出す
  • バッチファイルをコンポーネントに分け、順に実施
  • バッチファイルの途中でエクセル起動
  • フォルダー名をファイル名に
  • ホームページを作るのに役立つサイト
  • 指定時間にバッチファイルを自動起動
  • 管理者権限が無いためコピー出来ない等バッチ処理がうまくいかない時に







  • 上に
































  • 上に