超簡単ホームページ作成TOP >>超簡単バッチファイル >>バッチファイルを使ってフォルダーを作る
Tweet
超簡単バッチファイル 超簡単バッチファイル
バッチファイルとは
フォルダーを作る
ファイルのコピー
フォルダーのコピー
ファイル・フォルダーの移動
ファイル・フォルダーの名称を変更
ファイル・フォルダーの削除と作成
便利なバッチファイルの使い方
    

ホームページ作成に役立つバッチファイルの作り方

 
ここまででバッチファイルの書き方はほぼわかったと思いますので、実際にホームページを作る際に役立つバッチファイルを説明していきます。

バッチファイルを利用して、新規に大量のフォルダーを作る方法


バッチファイルを使いフォルダーを新規に作成には、『MKDIR』というコマンドを使います。 『MD』と書いても構いません。
windowsで新しくフォルダーをつくろうとすると、『右クリック』『新規作成』『フォルダー』と選び、新しくできたフォルダーの 名前をキーボードで一つ一つ入力する必要があります。
10個くらいならまだしも、この方法で100個つくろうという気は起きません。
そんな時はコマンドプロンプトの出番です。

バッチファイルを使ってフォルダーを作る・・・基本的な方法
REM 新規にフォルダーを作成する
pause
pause
cd c:\aaa
md c:\aaa\cartier
md c:\aaa\omega
md c:\aaa\corum
md c:\aaa\tudor
md c:\aaa\bleitling
md c:\aaa\bvlgari
md c:\aaa\longines
md c:\aaa\rolex
pause
  • 『md』の後に半角スペースを開け、新しく作りたいフォルダーの場所と名前を記入します。これだけで終わりです。
  • このようにテキストエディターに記入し、folder_sakusei.batと名付けて保存します。
  • このバッチファイルをダブルクリックすればcドライブのaaaフォルダーの中に新しいフォルダーが8個あっという間にできあがります。
  • テキストエディターにフォルダー名を書くだけですからかなり簡単になります。
少し進化させましょう
バッチファイルを使って大量の連番フォルダーを作る
フォルダーの名称は連番で作ることがよくあります。
REM 連番でフォルダーを作成する
pause
pause
cd c:\aaa
md c:\aaa\cartier_01
md c:\aaa\cartier_02
md c:\aaa\cartier_03
md c:\aaa\cartier_04
md c:\aaa\cartier_05
md c:\aaa\cartier_06
md c:\aaa\cartier_07
md c:\aaa\cartier_08
md c:\aaa\cartier_09
md c:\aaa\cartier_10
pause
こんな時はエクセルと連携すれば実に簡単です。パソコンにエクセルが入っていない人はフリーソフトでエクセルの互換ソフトがありますから それを利用すれば同じことができます。
エクセルを起動したらセルの中に『md c:\aaa\cartier_1』と記入し、そのセルの右下を持って下にドラッグするだけです。
これで連番はあっという間に作れますから、その部分をコピーしテキストエディターに貼り付けます。
これをバッチファイルとして保存し、できたバッチファイルをダブルクリックしてやればあっという間に100個でも200個でもフォルダーが出来上がります。
もう少し進化させます
ファイル名をフォルダー名にして新規作成
今あるファイル名を名前につけたフォルダーだって簡単に作ることができます。
フリーソフトとエクセルを利用します。
『NNScanText』というフリーソフトを利用します。
ここが作者のホームページです。 http://fukehara.com/
このソフトは、普通ではテキストデーターにできない文字を、テキストデーターとして取得するためのものです。
aaaフォルダーに左のようなファイルが入っていたとします。
この中の文字は普通テキストデーターとして取得することはできませんが『NNScanText』を利用すれば簡単にテキストデーターになります。
作者のホームページから『NNScanText』をダウンロードして下さい。
ダウンロードしたNNScanText100.EXEをダブルクリックすれば簡単にインストール完了です。


使いやすくするためにホットキーを設定します。
『NNScanText』を起動したら『オプション』『ホットキー等設定』とクリックします。
こんな画面になりますから赤丸部にチェックを入れてください。
この例の場合はホットキーは『Ctrl』『Alt』プラス『z』キーとなっています。

早速aaaフォルダーの中のファイルを、テキストデーターにして取り出してみます。
このaaaフォルダーの画面のどこかをクリックした状態で、『Ctrl』『Alt』プラス『z』を押します。
下記のように表示で『NNScanText』の画面が現れます。



この画面の内容は既にクリップボードにコピーされていますから、 エクセルを起動しセルに貼り付けます。
こんなふうに『名前』『種類』『サイズ』『更新日時』と別々のセルに入った表が出来上がります。


ここから名前だけを取り出してB列に入れます。
そしてA列に『md c:\aaa\』と記入し下までドラッグします。


出来上がった部分を選択してコピーします。これをテキストエディターに貼り付けます。


エクセルのセルの区切りは、テキストエディターではタブで表示されています。


テキストエディターの置換機能を使い、『タブ』を半角スペースに置き換え、『.htm』を消去すればほぼ完成です。

コアになる部分は出来上がりましたから、後は一番上に
pause
pause
cd c:\aaa
を追加し、最後にpauseを追記すればバッチファイルの完成です。
pause
pause
cd c:\aaa
md c:\aaa\egg4
md c:\aaa\eiga4
md c:\aaa\foot4
md c:\aaa\furoku4
md c:\aaa\keihin4
md c:\aaa\lens4
md c:\aaa\poster4
md c:\aaa\teleca4
pause

文章で書くとずいぶん長いようですが、実際にやってみれば数分で終わります。ファイル名と同じ名前のフォルダーが1000個あろうと2000個あろうと数分で作ることができます。
更に進化させます。
バッチファイルを使って、今日の日付を入れたフォルダーを作る
今日の日付を入れたフォルダーを作ることもできます。
REM 今日の日付のフォルダーを作成する
pause
cd c:\aaa
set DATE_A=%DATE%
set DATE_B=%DATE_A:~-10%
set DATE_B=%DATE_B:/=%
md c:\aaa\%DATE_B%
pause
これでaaaフォルダーに今日の日付の入ったフォルダーが新しく出来ます。
最初の一行で日付を取得します。この時点では日付のデーターに『2011/07/24』などのようにフォルダー名として使えない『/』が 入っていますので次の2行で『/』等の余分なものを削除します。
最後の行はもうお馴染みの書き方です。
このバッチファイルをダブルクリックすれば、日付を名前にしたフォルダーを新規に作成します。
20110724のようなフォルダー名となります。

少しアレンジするとこんな物もできます。
バッチファイルを使って、今日の日付を名前の一部にしたフォルダーを作る
バッチファイルで今日の日付を名前の一部にした入れたフォルダーを作ることもできます。
REM 今日の日付の入ったフォルダーを作成する
pause
cd c:\aaa
set DATE_A=%DATE%
set DATE_B=%DATE_A:~-10%
set DATE_B=%DATE_B:/=%
REM ここまでで日付データーを取得
md c:\aaa\cartier_%DATE_B%
md c:\aaa\omega_%DATE_B%
md c:\aaa\corum_%DATE_B%
md c:\aaa\tudor_%DATE_B%
md c:\aaa\bleitling_%DATE_B%
pause
結果はわかると思いますが
cartier_20110724
omega_20110724
corum_20110724
tudor_20110724
bleitling_20110724
のようなフォルダーが出来上がります。
どのやり方も、エクセルとテキストエディターの機能をうまく利用すれば、かなり簡単になります。
上へ   
バッチファイルとは
  • コマンドプロンプト(DOS)でできること
  • コマンドプロンプトを使うと便利な例
  • コマンドプロンプトの命令を実行する
  • バッチファイルの注意点
  • バッチファイルにコメントを書く
  • コマンドプロンプトを途中で止める
  • コマンドプロンプトの画面を見やすく
  • バッチファイルの書き方
    バッチファイルを使ってフォルダーを作る
  • フォルダーを作る基本
  • 大量の連番フォルダーを作る
  • ファイル名をフォルダー名に
  • 今日の日付をフォルダー名に
  • treeコマンドを使う
    バッチファイルを使ってファイルをコピーする
  • ファイルをコピーする基本
  • ファイルを合成してコピー
  • ファイル名を変更してコピー
  • ファイルの合成方法
  • 自動的に連続コピー
    バッチファイルを使ってフォルダーをコピーする
  • サブフォルダーごとファイルをコピー
  • フォルダーの構造だけをコピー
  • 指定日付以降の変更ファイルコピー
    バッチファイルを使ってファイル・フォルダーを移動する
  • ファイルを移動
  • ファイル名を変更して移動
  • フォルダーを移動
  • moveコマンド、よくある間違い
    バッチファイルを使ってファイルやフォルダーの名称を変更する
  • ファイル・フォルダーの名称変更
  • エクセルやテキストエディターを利用して簡単にバッチファイルを作る方法
  • ファイルやフォルダーを今日の日付に
    バッチファイルを使ったファイルやフォルダーの削除と作成
  • 新しいフォルダーを作る
  • ファイルを削除する
  • サブフォルダーの中のファイルも削除
  • フォルダーを削除
    便利なバッチファイルの使い方
  • 二つのファイルの違いをチェック
  • バッチファイルを使った自動処理
  • バッチファイルの中で、他のバッチファイルを呼び出す
  • バッチファイルをコンポーネントに分け、順に実施
  • バッチファイルの途中でエクセル起動
  • フォルダー名をファイル名に
  • ホームページを作るのに役立つサイト
  • 指定時間にバッチファイルを自動起動
  • 管理者権限が無いためコピー出来ない等バッチ処理がうまくいかない時に







  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に





























  • 上に