超簡単ホームページ作成TOP >>超簡単バッチファイル >>管理者権限が無いためコピー出来ない等バッチ処理がうまくいかない時に
Tweet
超簡単バッチファイル 超簡単バッチファイル
バッチファイルとは
フォルダーを作る
ファイルのコピー
フォルダーのコピー
ファイル・フォルダーの移動
ファイル・フォルダーの名称を変更
ファイル・フォルダーの削除と作成
便利なバッチファイルの使い方
    

管理者権限が無いためコピー出来ない等バッチ処理がうまくいかない時に

 

管理者権限でバッチ処理を行う方法


windowsもXPの時は管理者権限などうるさいことを言わず動いてくれたのですが、7・8 では管理者権限が無いため作動しないということが起こります。
バックアップコピーしたはずなのに一部がコピーされていない時には、気がつかないだけでこの事象が起きていた可能性があります。
管理者権限で動かすにはいくつかの方法があります。
1) 管理者権限で動かす方法 その1
作ったバッチファイルをダブルクリックで起動すると管理者権限にはなりません。
バッチファイルを右クリックし表示されるメニューの中から 『管理者として実行』を選びます。
これで管理者権限でバッチファイルが作動しますから、今までコピーできなかったものもコピーできるようになります。
2) 管理者権限で動かす方法 その2
いつも同じバッチファイルを使っており、いちいち右クリックするのが面倒なときの方法です。
  1. まずそのバッチファイルのショートカットを作ります。
  2. 次にそのショートカット上で右クリックしプロパティを選択。
  3. 開いたプロパティ画面ではショートカットタブが選択されています。
  4. そのタブの右下にある詳細設定をクリック。
  5. 詳細プロパティが開きます。
  6. 『管理者として実行』にチェックを入れたらOKをクリックしプロパティを閉じていきます。
これでこのショートカットは常に管理者権限で作動しますから、通常のダブルクリックでこのショートカットを起動すれば バッチファイルが管理者権限で起動します。
上へ   
バッチファイルとは
  • コマンドプロンプト(DOS)でできること
  • コマンドプロンプトを使うと便利な例
  • コマンドプロンプトの命令を実行する
  • バッチファイルの注意点
  • バッチファイルにコメントを書く
  • コマンドプロンプトを途中で止める
  • コマンドプロンプトの画面を見やすく
  • バッチファイルの書き方
    バッチファイルを使ってフォルダーを作る
  • フォルダーを作る基本
  • 大量の連番フォルダーを作る
  • ファイル名をフォルダー名に
  • 今日の日付をフォルダー名に
  • treeコマンドを使う
    バッチファイルを使ってファイルをコピーする
  • ファイルをコピーする基本
  • ファイルを合成してコピー
  • ファイル名を変更してコピー
  • ファイルの合成方法
  • 自動的に連続コピー
    バッチファイルを使ってフォルダーをコピーする
  • サブフォルダーごとファイルをコピー
  • フォルダーの構造だけをコピー
  • 指定日付以降の変更ファイルコピー
    バッチファイルを使ってファイル・フォルダーを移動する
  • ファイルを移動
  • ファイル名を変更して移動
  • フォルダーを移動
  • moveコマンド、よくある間違い
    バッチファイルを使ってファイルやフォルダーの名称を変更する
  • ファイル・フォルダーの名称変更
  • エクセルやテキストエディターを利用して簡単にバッチファイルを作る方法
  • ファイルやフォルダーを今日の日付に
    バッチファイルを使ったファイルやフォルダーの削除と作成
  • 新しいフォルダーを作る
  • ファイルを削除する
  • サブフォルダーの中のファイルも削除
  • フォルダーを削除
    便利なバッチファイルの使い方
  • 二つのファイルの違いをチェック
  • バッチファイルを使った自動処理
  • バッチファイルの中で、他のバッチファイルを呼び出す
  • バッチファイルをコンポーネントに分け、順に実施
  • バッチファイルの途中でエクセル起動
  • フォルダー名をファイル名に
  • ホームページを作るのに役立つサイト
  • 指定時間にバッチファイルを自動起動
  • 管理者権限が無いためコピー出来ない等バッチ処理がうまくいかない時に