超簡単ホームページ作成TOP >>超簡単バッチファイル >>コマンドプロンプトの命令を実行するには
Tweet
超簡単バッチファイル 超簡単バッチファイル
バッチファイルとは
フォルダーを作る
ファイルのコピー
フォルダーのコピー
ファイル・フォルダーの移動
ファイル・フォルダーの名称を変更
ファイル・フォルダーの削除と作成
便利なバッチファイルの使い方
    

コマンドプロンプトの命令の実行方法

 

コマンドプロンプトの命令はどのようにして実行すればいいか


命令をバッチファイルにしてダブルクリックするだけ
前のページで、次のように命令すれば『aaa』フォルダーの中の最後に『1』が付いたファイルだけが、『bbb』フォルダーに移動すると書きました。
pause
pause
cd c:\aaa
move /y c:\aaa\*1.htm c:\bbb
pause
この命令はどのように実行すればいいのでしょうか。
二つの方法があります。
コマンドプロンプトを解説したほとんどのホームページは、コマンドプロンプトの黒い画面に直接書きこむことを前提に説明していますが、 私のお薦めはバッチファイルで命令することです。
なんて事はありません。
テキストエディターとかメモ帳にさっきのものをそのまま記入し、「idou.bat」という名前で保存するだけです。
『idou』の部分は単なるファイル名ですから何でも構いません。
「.bat」の拡張子を付けて保存します。これをバッチファイルと呼びます。
見慣れない、書きにくく読みにくい、黒窓に命令文を書くよりずっと簡単です。
抵抗なくコマンドプロンプトが使えると思います。
このバッチファイルをダブルクリックするとWindowsのコマンドプロンプト(黒い窓)が起動し、バッチファイルで記入した命令を処理します。
これだけで命令は処理され、先ほどの混在したファイルは一気に整理されます。

バッチファイルの注意点
バッチファイルはすごく怖いファイルです。
間違ってダブルクリックするとあっという間に何が起こったかわからないまま処理が 行われ、何もわからないまま終了してしまいます。
それを避けるために、必ず最初と最後に『pause』と記入します。
『pause』はビデオとかDVDでお馴染みの一時停止です。
これを書いておけばダブルクリックしたときにコマンドプロンプトが起動し、『続行するには何かキーを押してください』と 表示してきます。
Enterキーを押してやれば次のステップに進み命令が処理されます。
押し間違いの時は、コマンドプロンプト右上の『x』閉じるをクリックし、コマンドプロンプトを終了させます。
2回『pause』を書いておけばより安全になります。
最後に『pause』と書くのは命令が正しく行われたか確認する為です。
バッチ処理の命令を書き間違えると当然命令は処理されません。
その時コマンドプロンプトの画面には命令が処理できなかった旨の表示が出るのですが、あっという間に消えてしまい読むことはできません。
最後に『pause』と書いておけばこの情報が表示された状態で一時停止しますから、処理内容を読むことができます。
問題がなければEnterキーを押して終了させます。

バッチファイルの役に立つ書き方
命令文の中にコメントを書き込む方法
次のように命令文の中にコメントを書きこむことができます。
REM aaaフォルダーからbbbフォルダーに、最後に1の付くファイルを移動させる
pause
pause
cd c:\aaa
move /y c:\aaa\*1.htm c:\bbb
pause

『REM』という文字をを最初に書くとその行は命令に無関係になりますので、コメントを入れることができます。
『REM』の後に半角スペースを入れ、コメントを書き込みます。
次の書き方をパターンとして決めておくと使いやすくなると思います。
  1. 最初の行にREMと書き、バッチファイルの処理内容を記入。
  2. その次にpauseを2回入れ、
  3. 命令文を書き終えたら最後にまたpauseと書く。

バッチファイルは単に1つだけ命令をするのではなく、通常複数の命令を書きます。
作業の手順書のような形です。
この書式で『REM』を使ってこまめにコメントを書いていくと、後で見直す時に非常にわかりやすくなります。
バッチファイルを起動した時、コメントが表示された状態で一時停止になりますから、その内容を読めば バッチファイルの押し間違いも防止できます。

コマンドプロンプトを途中で止める方法
『ctrl』キーと『c』キーを同時に押すとコマンドプロンプトは途中で一時停止します。
何かをコピーするときのショートカットキーと同じです。

上のような画面になります。『終了しますか』と聞いてきているので、終了させる時はyesの『y』キー、 終了させないときはnoの『n』キーを押します。
バッチファイルを動かしながら他の作業をしているときに、バッチファイルがアクティブになった状態に気づかずに、コピーのつもりで 『ctrl』+『c』キーを押すと、バッチファイルが一時停止になってしまいますから注意が必要です。

コマンドプロンプトの画面を見やすくするには
コマンドプロンプトの画面を見やすくするには、下の図の赤丸部分をクリックします。
表示されるメニューの中からプロパティを選べば、フォントのサイズ・画面の大きさ・画面の色等が変更できます。
上へ   
バッチファイルとは
  • コマンドプロンプト(DOS)でできること
  • コマンドプロンプトを使うと便利な例
  • コマンドプロンプトの命令を実行する
  • バッチファイルの注意点
  • バッチファイルにコメントを書く
  • コマンドプロンプトを途中で止める
  • コマンドプロンプトの画面を見やすく
  • バッチファイルの書き方
    バッチファイルを使ってフォルダーを作る
  • フォルダーを作る基本
  • 大量の連番フォルダーを作る
  • ファイル名をフォルダー名に
  • 今日の日付をフォルダー名に
  • treeコマンドを使う
    バッチファイルを使ってファイルをコピーする
  • ファイルをコピーする基本
  • ファイルを合成してコピー
  • ファイル名を変更してコピー
  • ファイルの合成方法
  • 自動的に連続コピー
    バッチファイルを使ってフォルダーをコピーする
  • サブフォルダーごとファイルをコピー
  • フォルダーの構造だけをコピー
  • 指定日付以降の変更ファイルコピー
    バッチファイルを使ってファイル・フォルダーを移動する
  • ファイルを移動
  • ファイル名を変更して移動
  • フォルダーを移動
  • moveコマンド、よくある間違い
    バッチファイルを使ってファイルやフォルダーの名称を変更する
  • ファイル・フォルダーの名称変更
  • エクセルやテキストエディターを利用して簡単にバッチファイルを作る方法
  • ファイルやフォルダーを今日の日付に
    バッチファイルを使ったファイルやフォルダーの削除と作成
  • 新しいフォルダーを作る
  • ファイルを削除する
  • サブフォルダーの中のファイルも削除
  • フォルダーを削除
    便利なバッチファイルの使い方
  • 二つのファイルの違いをチェック
  • バッチファイルを使った自動処理
  • バッチファイルの中で、他のバッチファイルを呼び出す
  • バッチファイルをコンポーネントに分け、順に実施
  • バッチファイルの途中でエクセル起動
  • フォルダー名をファイル名に
  • ホームページを作るのに役立つサイト
  • 指定時間にバッチファイルを自動起動
  • 管理者権限が無いためコピー出来ない等バッチ処理がうまくいかない時に







  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に