超簡単ホームページ作成TOP >>超簡単バッチファイル >>バッチファイルを使った自動処理
Tweet
超簡単バッチファイル 超簡単バッチファイル
バッチファイルとは
フォルダーを作る
ファイルのコピー
フォルダーのコピー
ファイル・フォルダーの移動
ファイル・フォルダーの名称を変更
ファイル・フォルダーの削除と作成
便利なバッチファイルの使い方
    

ホームページに役立つバッチファイル・・自動処理

 

バッチファイルを使って自動処理を行う方法


ホームページの作成、メンテナンスに役立つコマンドプロンプトの命令は、ざっとこんな物です。
後はこれらの命令を組み合わせて、バッチファイルに書き込んでいけば、書いたとおりに順番に処理していってくれます。
パソコンの前にずっと座っている必要はありません。
この自動的に連続して作業を行えることが、バッチファイルを利用する一番のメリットです。

バッチファイルに連続して命令を書き込む
Cドライブのaaaフォルダーの中の10個のサブフォルダーに、htmファイルとjpgファイルが入り混じっています。
バッチファイルを利用してこれを整理してみます。整理内容は次のようにします。
  • 各々のサブフォルダーの中に、更に『img』という名前のサブフォルダーを作る。
  • jpgファイルのみimgフォルダーに移動する。
  • 現在の10個のサブフォルダー名に今日の日付を付け加える。
  • Dドライブに『backup』という名前のフォルダーを作り、ここで新しく作った10個のサブフォルダーをコピーする。

これだけの内容を、順に自動的に処理していくバッチファイルを作ると、下記のようになります。 『seiri.bat』として保存します。
この『seiri.bat』をダブルクリックすれば、一連の作業が、バッチファイルに記入した順に自動的に処理されていきます。
バッチファイルが長いので大変に見えますが、今までに解説したとおり、NNScanText・treeコマンド・エクセル・テキストエディター を利用すれば簡単に作ることができます。
REM 各サブフォルダーにimgフォルダーを作る
pause
pause
cd c:\aaa
mkdir c:\aaa\watch\img
mkdir c:\aaa\dvd\img
mkdir c:\aaa\game\img
mkdir c:\aaa\pc\img
mkdir c:\aaa\tv\img
mkdir c:\aaa\note\img
mkdir c:\aaa\disk\img
mkdir c:\aaa\brand\img
mkdir c:\aaa\book\img
mkdir c:\aaa\camera\img
REM jpgファイルをimgフォルダーに移動
move c:\aaa\watch\*.jpg c:\aaa\watch\img
move c:\aaa\dvd\*.jpg c:\aaa\dvd\img
move c:\aaa\game\*.jpg c:\aaa\game\img
move c:\aaa\pc\*.jpg c:\aaa\pc\img
move c:\aaa\tv\*.jpg c:\aaa\tv\img
move c:\aaa\note\*.jpg c:\aaa\note\img
move c:\aaa\disk\*.jpg c:\aaa\disk\img
move c:\aaa\brand\*.jpg c:\aaa\brand\img
move c:\aaa\book\*.jpg c:\aaa\book\img
move c:\aaa\camera\*.jpg c:\aaa\camera\img
REM 今日の日付を取得
set DATE_A=%DATE%
set DATE_B=%DATE_A:~-10%
set DATE_B=%DATE_B:/=_%
REM サブフォルダー名に今日の日付を付け加える
rename c:\aaa\watch %DATE_B%_watch
rename c:\aaa\dvd %DATE_B%_dvd
rename c:\aaa\game %DATE_B%_game
rename c:\aaa\pc %DATE_B%_pc
rename c:\aaa\tv %DATE_B%_tv
rename c:\aaa\note %DATE_B%_note
rename c:\aaa\disk %DATE_B%_disk
rename c:\aaa\brand %DATE_B%_brand
rename c:\aaa\book %DATE_B%_book
rename c:\aaa\camera %DATE_B%_camera
REM Dドライブにbackupフォルダーを作り、サブフォルダーごとコピー
xcopy c:\aaa D:\backup\ /e /y
pause
上へ   
バッチファイルとは
  • コマンドプロンプト(DOS)でできること
  • コマンドプロンプトを使うと便利な例
  • コマンドプロンプトの命令を実行する
  • バッチファイルの注意点
  • バッチファイルにコメントを書く
  • コマンドプロンプトを途中で止める
  • コマンドプロンプトの画面を見やすく
  • バッチファイルの書き方
    バッチファイルを使ってフォルダーを作る
  • フォルダーを作る基本
  • 大量の連番フォルダーを作る
  • ファイル名をフォルダー名に
  • 今日の日付をフォルダー名に
  • treeコマンドを使う
    バッチファイルを使ってファイルをコピーする
  • ファイルをコピーする基本
  • ファイルを合成してコピー
  • ファイル名を変更してコピー
  • ファイルの合成方法
  • 自動的に連続コピー
    バッチファイルを使ってフォルダーをコピーする
  • サブフォルダーごとファイルをコピー
  • フォルダーの構造だけをコピー
  • 指定日付以降の変更ファイルコピー
    バッチファイルを使ってファイル・フォルダーを移動する
  • ファイルを移動
  • ファイル名を変更して移動
  • フォルダーを移動
  • moveコマンド、よくある間違い
    バッチファイルを使ってファイルやフォルダーの名称を変更する
  • ファイル・フォルダーの名称変更
  • エクセルやテキストエディターを利用して簡単にバッチファイルを作る方法
  • ファイルやフォルダーを今日の日付に
    バッチファイルを使ったファイルやフォルダーの削除と作成
  • 新しいフォルダーを作る
  • ファイルを削除する
  • サブフォルダーの中のファイルも削除
  • フォルダーを削除
    便利なバッチファイルの使い方
  • 二つのファイルの違いをチェック
  • バッチファイルを使った自動処理
  • バッチファイルの中で、他のバッチファイルを呼び出す
  • バッチファイルをコンポーネントに分け、順に実施
  • バッチファイルの途中でエクセル起動
  • フォルダー名をファイル名に
  • ホームページを作るのに役立つサイト
  • 指定時間にバッチファイルを自動起動
  • 管理者権限が無いためコピー出来ない等バッチ処理がうまくいかない時に





  • 上に
































  • 上に