超簡単ホームページ作成TOP >>超簡単バッチファイル >>バッチファイルを使ってファイルやフォルダーの名称を変更
Tweet
超簡単バッチファイル 超簡単バッチファイル
バッチファイルとは
フォルダーを作る
ファイルのコピー
フォルダーのコピー
ファイル・フォルダーの移動
ファイル・フォルダーの名称を変更
ファイル・フォルダーの削除と作成
便利なバッチファイルの使い方
    

ホームページ作成に役立つバッチファイル、rename

 
『copy』とか『move』のコマンドを使い、ファィル名を変更することができますが、ファィルやフォルダーの名前を変更する 専用のコマンドも用意されています。
『RENAME』とか『REN』と書きます。どちらでも構いません。

バッチファイルを使って、ファイルやフォルダーの名称を変更する


  • この命令は、ファィル名・フォルダー名、両方共変更できます。
  • 変更後のファィルやフォルダーは変更前のファィルやフォルダーと同じ場所に作られます。

バッチファイルを使って、ファイルやフォルダーの名称を変更する
下の例文は『cartier4.htm』ファイルを『watch_cartier.htm』に、
『bleitling4.htm』ファイルを『watch_bleitling.htm』に、
『新しいフォルダ』を『watch』フォルダーに名称変更する例です。
REM ファイルとフォルダーの名称を変更する
pause
pause
cd c:\aaa
ren c:\aaa\cartier4.htm watch_cartier.htm
ren c:\aaa\bleitling4.htm watch_bleitling.htm
ren "c:\aaa\新しいフォルダ" watch

pause
  • 『ren』の後に半角スペースを開け、名称を変更したいファイルまたはフォルダー名を記入します。
  • その後にまた半角スペースを開け、変更後のファイルまたはフォルダー名を記入します。
  • 『copy』とか『move』コマンドと違い、条件付けの記号は何もありません。
  • 変更前のファイルやフォルダーは、『c:\aaa\cartier4.htm』のように場所を指定しますが、名称変更後は同じ場所にしか 作られませんので、場所の指定はしません。
    単にファイル名かフォルダー名を指定するだけです。
  • このバッチファイルをダブルクリックすれば、cドライブのaaaフォルダーの中の指定されたファイル・フォルダーが名称変更されます。

エクセルやテキストエディターを利用して簡単にバッチファイルを作る方法
一々名称を書いていくのは面倒な気がしますが、やり方しだいでかなり簡単になります。
変更前の名称は当然あるわけですから、前に紹介した『NNScanText』或いは『tree』コマンドを利用してデーターとして取り出し、これをエクセルにコピーします。

こんな風に今のファイル名・フォルダー名をB列にコピーします。

新しい名前を作るために、B列をE列にコピーし、D列には 『watch_』と記入します。
B列とE列を結合すれば新しい名前になるようにしています。
フォルダーの新しい名前は手書きで『watch』と記入します。

D列は下までドラッグし、C列には半角スペースを入れて下までドラッグ、 A列には『ren c:\aaa\』と記入しこれも下までドラッグします。

これで準備ができました。C列には、見えませんが半角スペースが入っています。 A列からE列までを結合すれば完了です。

下のように『=』をつけた後で、各セルを『&』記号でつなぐようにF列に記入します。


記入が終わったら『Enterキー』をクリックすると表示が下記のようになります。


これを下までドラッグすれば『rename』コマンドのコアになる部分が完成です。
できた部分をコピーしてテキストエディターに貼り付けます。


エクセルだけで作る例を紹介していますが、前に紹介したようにエディターと連携して作ることもできます。

ファイルやフォルダーの名称変更をバッチファイルで作るメリット
このバッチファイルを残しておけば、新旧の名称リスが残ります。
後々何かあったときの確認が簡単になります。
まとめて名称を変更するのは何かルールを作って変更することがほとんどなので、エクセルを使えば手間はかなり省けます。
まったくランダムな名称になるときも、エクセルに手書きで新しい名称を入れていけば、新しい名称がすべてリストで確認できますから、 ミスを防ぐことができます。

ファイルやフォルダーを今日の日付に名称変更するバッチファイル
次のように指示すると、aaaフォルダーにある『新しいフォルダ』が今日の日付のフォルダーとなります。
青い文字の部分は日付を取得するための書き方です。どんなときもこの書き方ですから、この部分だけ保存しておくと便利です。
赤字の部分が名称変更ですから、この部分を必要に応じてアレンジします。
REM フォルダー名を今日の日付に変更
pause
pause
cd C:\aaa
REM 今日の日付を取得
set DATE_A=%DATE%
set DATE_B=%DATE_A:~-10%
set DATE_B=%DATE_B:/=%
REM フォルダー名を今日の日付に変更
rename c:\aaa\新しいフォルダ %DATE_B%
pause
このバッチファイルをダブルクリックすると『新しいフォルダ』が『20100810』のように変更されます。

この指示では、aaaフォルダーにある『cartier4.htm』が今日の日付の入ったファイル名となります。
日付は上の例と違い『2010_08_10』のように入ります。
青い文字の部分が上の例との変化点です。
赤字の部分が名称変更ですから、この部分を必要に応じてアレンジします。
REM ファイル名に今日の日付を加える
pause
pause
cd C:\aaa
REM 今日の日付を取得
set DATE_A=%DATE%
set DATE_B=%DATE_A:~-10%
set DATE_B=%DATE_B:/=_%
REM ファイル名に今日の日付を付け加える
rename c:\aaa\cartier4.htm %DATE_B%_cartier4.htm
pause
このバッチファイルをダブルクリックすると『cartier4.htm』が『2010_08_10_cartier4.htm』のような名称のファイルになります。
上へ   
バッチファイルとは
  • コマンドプロンプト(DOS)でできること
  • コマンドプロンプトを使うと便利な例
  • コマンドプロンプトの命令を実行する
  • バッチファイルの注意点
  • バッチファイルにコメントを書く
  • コマンドプロンプトを途中で止める
  • コマンドプロンプトの画面を見やすく
  • バッチファイルの書き方
    バッチファイルを使ってフォルダーを作る
  • フォルダーを作る基本
  • 大量の連番フォルダーを作る
  • ファイル名をフォルダー名に
  • 今日の日付をフォルダー名に
  • treeコマンドを使う
    バッチファイルを使ってファイルをコピーする
  • ファイルをコピーする基本
  • ファイルを合成してコピー
  • ファイル名を変更してコピー
  • ファイルの合成方法
  • 自動的に連続コピー
    バッチファイルを使ってフォルダーをコピーする
  • サブフォルダーごとファイルをコピー
  • フォルダーの構造だけをコピー
  • 指定日付以降の変更ファイルコピー
    バッチファイルを使ってファイル・フォルダーを移動する
  • ファイルを移動
  • ファイル名を変更して移動
  • フォルダーを移動
  • moveコマンド、よくある間違い
    バッチファイルを使ってファイルやフォルダーの名称を変更する
  • ファイル・フォルダーの名称変更
  • エクセルやテキストエディターを利用して簡単にバッチファイルを作る方法
  • ファイルやフォルダーを今日の日付に
    バッチファイルを使ったファイルやフォルダーの削除と作成
  • 新しいフォルダーを作る
  • ファイルを削除する
  • サブフォルダーの中のファイルも削除
  • フォルダーを削除
    便利なバッチファイルの使い方
  • 二つのファイルの違いをチェック
  • バッチファイルを使った自動処理
  • バッチファイルの中で、他のバッチファイルを呼び出す
  • バッチファイルをコンポーネントに分け、順に実施
  • バッチファイルの途中でエクセル起動
  • フォルダー名をファイル名に
  • ホームページを作るのに役立つサイト
  • 指定時間にバッチファイルを自動起動
  • 管理者権限が無いためコピー出来ない等バッチ処理がうまくいかない時に







  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に
































  • 上に

























  • 上に